Photo Scan による3Dデータの作成

デジタル写真から3Dデータを作成してくれるソフト PhotoScan

今回は回転台は使わず台の上に置いた対象物を適当に撮影しました。特にライティングも無し。
かなり適当に撮った38枚の写真から3Dデータを作ってみましたが「かなり適当」だった割には思った以上の3Dデータが出来ました。回転台を使わずに対象物のまわりをグルグル回りながら撮影した方がよいことも確認出来た。
あとは底面も撮影出来るような対象の固定方法とライティングを研究です。

しかし凄いことが出来る時代になりましたね、普通のPCとデジカメでこれだけ出来るんですから。

MTからの移行

ずっと Movable Type を使っていたのだが動的出力が(借りてるレンタルサーバーでは)出来なかったりとか、色々不便になってきたので WordPress へ移行。

過去記事との統合は追々。