You can't go wrong if you're honest to yourself! -渡辺格のブログ-

November 2005 Archives

TOKYO FILMeX

Cinefil Imagicaのプレゼントで招待券が当たったのでTOKYO FILMeXでFREE ZONEとSOUND BARRIERという2本の映画を見て来ました。
粗筋はFILMeXのサイトをみてくだせえ。FREE ZONEはイスラエルとかあの辺の中東の歴史とか民族の事とかも考えましたが、まあ人間世界中どこでもおんなじなんだなあとか、興味深かったですね。で、SOUND BARRIERですが上映前に監督の挨拶があって、この映画を「体験」して欲しいと仰ってました。確かに「体験」でした。二度と体験したくない映画です。それは「悪い映画だった」という事ではなくて、それほど観る事にエネルギーが必要な映画だったという事です。よい映画でした。
二本ともよい映画でした。でもこういう映画ってこんな機会じゃないと観る事が出来ないんだろうと思うと残念です。もっと色んな人が観れたらいいですね。

MANUEL BACHILLER 91F

| 2 Comments

KICX5298.JPG
今月の初めに注文していたフラメンコギターが今日届いた。
フラメンコ自体には昔から興味はあった(パコ・デ・ルシアを知っている程度…)のだが、演奏してみようというところまでではなかった。最近思うところあって、ギター一本で音楽出来るようになろうと、クラシックギターと以前から気になっていたフラメンコギターの練習を始めたのです。
まずはフラメンコギターを買おう!という事で「フラメンコギター 価格」で検索したら、Esflamenco.com というサイトにたどり着いた訳だ。価格も手頃だし、なにより本場スペイン産だぜ~って事で他の情報とか全然調べず(あ、yairiは調べた。21万円~だったので断念)に発注。数日後「現在品切れ中で製造まで25日くらい掛かります」という旨のメール。そして先週の金曜に「工場がちょっと違うモデルを作ってきたけどどうします?」というメール。何が違ったかというとエレアコ仕様のちょっと高いモデルを送ってきたそうな、でもグレードアップ分の金額は掛からないという親切&嬉しい申し出だったので送ってもらいました。しかもハードケースも安いモデルが品切れだったので、3倍くらい高いハードケースを付けてくれました。