You can't go wrong if you're honest to yourself! -渡辺格のブログ-

December 2005 Archives

アロンアルファ 釣名人 ソフト瞬間

KICX5633.jpg
アロンアルファ
は多くのバリエーションがあるのだ。木工用とかゼリー状とかは知っていたが「釣名人」てのは最近まで知らなかった。
どの辺が「釣名人」なのかというと、粘度が低く流れやすいので釣り糸の結び目補強等に向いているという事らしい。さらに「一般用」と「ソフト瞬間」というものがあって、今回購入した「ソフト瞬間」は硬化後も柔らかさがあり、少々曲がったりしてもパッキリとは割れにくいらしい。実際に使ってみたが確かに「パリッ」と割れたりはしないようだ。何に使ったかというと爪の補強につかったのだ。
アロンアルファってどれも「シアノアクリレート100%」なのだがどうやってバリエーション出してるんでしょう?ずっと気になってるんですが誰か教えて。

Juanjo Dominguez plays Astor Piazzolla

スカパーのタンゴ番組でJuanjo Dominguez見てCD買ってみた。
タイトルの通りピアソラの曲を弾くというアルバムです。実はタンゴギターをまともに聞いたのはこれが初めて。ピアソラの曲もちゃんと聴いたの初めて。タンゴというとバンドネオンって印象が強いようですが、ギターもよいですよ。
CDですが、演奏は超絶技巧です。曲はピアソラの曲だけなのでちょっと飽きるかもしれません。(←これは好みの問題ですね)
Juanjoさん山形とかのタンゴフェスティバルとかに来ていたようです。Pacoも愛地球博に来ていたらしい。知ってたら行ったのに~という事が結構あるようですな…。

Vicente Amigo

友人がVicente Amigoが「よい!」と教えてくれたので[Un momento en el sonido]と[Ciudad de las ideas]を購入。
以前お昼を食べに行ったお店でかかっていて「これは誰?」と聞いた事があったのだが、お店の人が「Vicente」が正しく読めなかったか僕の聞き間違いかで誰の演奏か分からなかったという事があったのでした。この度目出度く判明しました。
で、CDですが凄く良いです!演奏も凄いです、そして曲が良いです。フラメンコに興味のない人でもお薦め。必聴。それとヴィセンテなかなか男前です。ほぼ毎年来日しているらしいので、今度来たときは是非生で聞いてみたいです。

Days of Wine and Roses

| 1 Comment

以前の記事に書いた「酒とバラの日々」を観ました。
曲のタイトルとメロディーからは想像できなかったんですが、アル中になっちゃう夫婦のお話なんです。
よい映画だと思うのですが、辛いお話なので「また観よう」という気持ちにはなれません。
DVD買ったのでご覧になりたい方は連絡ください。(近所限定)

xxokkunさんのブログに訳詞など興味深いコメントが載っています。

Joaquìn Cortès mi soledad

東京国際フォーラムへJoaquìn Cortès観にいってきました。
いつかは観てみたいと思っていたのでした。いやー。驚きでした。自分、ダンスの事はほとんど知らないんですが、これは凄いんだ~という事は分かりました。ミュージシャンも素晴らしかった。そして、とても楽しかった!とても満足でした。筆舌に尽くしがたいとはこの事ですね!明日の当日券もあるらしいのでちょっとでも興味のある人は行くべし!