巴里祭

巴里祭(1933年/フランス)
原題:Quatorze Juillet
媒体:スカパー cinefil imagica
パリの下町人情もの。
(模型制作のため)古いパリの町並みを見たかったので。なかなか参考になりました。特にお店のブラインドの開閉装置なんか興味深いです。

原題を直訳すると「7月14日」。革命記念日・フランス建国記念日です。「パリ祭」というのはこの映画を輸入した時に日本で作られた言葉だそうなのです。2月11日を「東京祭」という感じでしょうか。
舞台が7月14日(正確には前後何日かのお話です)のパリであるというだけで革命の話でもお祭りの話でもありません。下町人情ものです。

参考:建国記念日

About this Entry

This page contains a single entry by itaru published on March 30, 2006 9:18 AM.

エトワール was the previous entry in this blog.

フラメンコギターのレッスンに通う is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 6.3.2